記事一覧

カルティエに何度かメールでこの探求について説明した後、私は答えを得た。

この時計は1935年に製造され、カルティエムディヴァニ王女に納品された。
この時計はサーモン色のダイヤルで生まれたわけではなく、紙そのものが実際にその色を印象づけた。

カルティエ 腕時計 スーパーコピー★カルティエ★時計★タンク フランセーズ ウォッチW51028Q3

【日本限定】タンク フランセーズ ウォッチ、SM、
クォーツムーブメント、スティール製ケース、
八角形リューズにシンセティック カボションシェイプ スピネル、
ピンク マザーオブパール ダイアル、ブルースティール製剣型針、サファイアクリスタル、スティール製ブレスレット、
ケースサイズ:25 mm x 20 mm、厚さ:6.15 mm、日常生活防水。
◆カルティエ
〜フランスの上質を知る、ジュエリー・時計ブランドの最高峰!〜
ルイ・フランソワ・カルティエが1847年、パリに開いたアトリエからその歴史が始まった「カルティエ」。
「宝石商の王であるがゆえに王の宝石商」とまで言わしめる名門ブランドとしていまなお最高峰ブランドに君臨し続けるフランスのラグジュアリーブランドです。
カルティエ躍進に貢献したのは、3代目当主であるルイによるもの。
アール・デコ様式のジュエリーやファッション性の高い時計を作り上げ、カルティエの名声を高めました。
世界の恋人たちの「永遠の愛」を結ぶ指輪として有名な「カルティエラブリング」も見逃せません!

正直なところ、がっかりした部分もあった。1年以上こだわった時計は想像の産物であり、実際に手にすることはできないし、ほかの誰にもできない。もちろん、ルイーズの時計の実物はまだあるかもしれないし、それを発見するのは楽しいことだが、それでも私はサンタが実在しないことを知ったような気がしたのだ。ひょっとして、カルティエがホワイトメタルでサーモンダイヤルのサントレを作ったことがあったのかもしれない。

私はもう一度、カルティエのアーカイブ部門に問い合わせ、何かあるのではないかと期待した。彼らの回答は 「アーカイブス部門と協力して調べましたが、私たちの知る限り、サーモンダイヤルのサントレは記録にありません」だった。

本当に? 信じられなかった。これほど美しい時計は過去100年のどこかで作られたはずだ思ったが、そうではなかったのだ。私の究極のカルティエは存在しなかったし、我々が知る限り、今も存在しないのだ。でも、夢は捨てがたいから、もしあったらどうだろうと考えるようになった。ルイーズのために作られた時計は、今どうなっているのだろう? もしかしたら、こんな感じかもしれない……。

【関連記事】:https://bar-lecoeur.com/wp-includes/fonts/diary.cgi

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー