記事一覧

アトリエ・ウェンは "Proudly made in China(誇り高き中国製)"

そして、彼らの新しいパーセプション(Perception)コレクションも一見の価値がある。

我々が知っていること

中国での時計製造は巨大な産業だ。人気の時計に使われている多くの部品は、多くの有名なマイクロブランドの時計とともに中国から供給されていることは公然の秘密であり、パッケージ、ストラップ、時計関連のアクセサリーは言うまでもない。

しかし、欧米の時計界では必ずしも中国製を、スイスやドイツ、日本製と同じように賞賛しているわけではない。アトリエ・ウェン(Atelier Wen)は、それを変えようとしている。「Proudly made in China(誇り高き中国製)」というキャッチフレーズを掲げ、フランスのノウハウと中国のデザインモチーフやイデオロギーの要素を融合させた時計を製造するブランドだ。時計に魅せられた2人のフランス人学生、ロビン・タレンディエ(Robin Tallendier)氏とウィルフリード・ビュイロン(Wilfried Buiron)氏が中国に留学した際、中国の広大な時計の世界に触れたことがきっかけで誕生したのだ。

 タランディエ氏はその後、上海のフランス時計商工会議所の委員を務め、後に中国時計師協会の委員に任命された。ブランドのスピリットは中国の文化と遺産に由来し、ふたりの中国人デザイナー、リー・ミンリャン(Li Mingliang)氏とリウ・ユグァン(Liu Yuguan)氏は、中国の伝統的なデザインモチーフを取り入れ、それらを時計製造のために再創造しているのだ。

ブランドの最新作はパーセプションコレクションだ。70年代にジェラルド・ジェンタのデザインで人気を博したステンレススティールケースと一体型ブレスレットを組み合わせたものである。コード・ド・ジュネーブと面取り仕上げを施した極薄(3.4mm)のDandong Peacock製自動巻きムーブメントを搭載し、ローターはサーキュラーコートやブラックロジウムメッキを施したタングステン製。つまり、一般的なエントリーモデルのシーガルムーブメントとは違うのだ。40mmのケースとブレスレットは904Lステンレススティール製で(そう、ロレックスが使っているのと同じタイプのスティールだ)、ケースバックには前述のデザイナーが描いた獅子像(中国のビルの入り口を守っているような獅子)が描かれている。

【関連記事】:bibicopyスーパーコピー ちゃんと 届いた

コメント一覧

ankopi 安全なサイト URL 2022年04月28日(木)15時49分 編集・削除

一番信用ブランドコピー買ってみた必ず届くスーパーコピー口コミ優良サイト!

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー