記事一覧

パテック・フィリップ ノーチラス 5711J 新品の登場

パテックフィリップ スーパーコピーが2006年に新しいノーチラス Ref.5711を発表したとき、誰もそれについて興奮しなかった。確かにクールな時計ではあったが、それはパテックなりに歴史に敬意を表したモデルに過ぎなかった。Ref.5711は、初代“ジャンボ”Ref.3700の誕生から30周年を記念して発表された。

パテック フィリップのコレクションにとって、30年というのは決して由緒正しい歴史ではありません。例えば、“カラトラバ”シリーズは70年もの歴史を誇ります。

Ref.5711の外観は、1976年に発表された初代ノーチラスとほぼ同じだが、いくつかの改良が加えられている。最も注目すべきは、ダイヤルの横幅が40mm(“耳”を含めると43mm)、厚さが8.3mm(Ref.3700のサイズ仕様は42mm×7.6mm)と大きくなったことである。また、ヴィンテージモデルのモノブロック構造に対し、3ピース構造のケース、サファイアケースバック、センター秒針が特徴だ。初代ジャンボと同様、スティール製のスポーツウォッチとしては超高額であり、発売当時は1万7000ドル(現在の価値で約2万5000ドル)だった。

サテン仕上げのベゼル、ブレスレット、ポリッシュ仕上げの傾斜部、エッジ、センターリンクのコントラストが美しい、多彩な手仕上げのケースとブレスレットが特徴だ。Ref.5711Rをレビューしたベン・クライマーは当時、ノーチラスを「若い時計愛好家にケース仕上げのお手本として最も適した時計のひとつだ。時計と同じくらいジュエリーのようなパッケージだが、これは侮蔑的な意味ではない。時計とブレスレットの組み合わせは、薄くて快適で、たまらなく身につけやすいのだ」と評価している。

パテック・フィリップ ノーチラス 5711J 新品 YDKG-m 送料無料

品名 ノーチラス
Nautilus
型番 5711J
素材 ケース 18Kイエローゴールド
ベルト 革
ダイアルカラー ホワイト
ムーブメント 自動巻き
Cal.324SC
防水性能 120m防水
サイズ ケース:43 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス サファイヤクリスタル風防
仕様 日付表示 3針
付属品 パテック・フィリップ純正箱付・国際保証書付
18Kイエローゴールドケース シースルーバック

2006年当時でさえ、パテック フィリップはノーチラスを自社の高い基準からすると少し物足りないと考えていたようだ。新しいノーチラスコレクションを発表したプレスリリースには、「パテック フィリップのコレクションにとって、30年というのは決して由緒正しい歴史ではありません。例えば、カラトラバシリーズは70年、ゴールデンエリプスはもうすぐ40周年を迎えます」と書かれている。

パテックはノーチラスを復活させたが、15年後にはオークションで希望小売価格の6倍以上の値をつけ、世界で最も注目を集める時計となり、さらに有名セレブの腕に輝き、時計専門誌以外(ニューヨーク・タイムズ、フィナンシャル・タイムズ、ブルームバーグ、その他多数)のヘッドラインを飾るとは誰も思ってもいなかっただろう。当時は、パテックの一介のモデルラインに過ぎなかったのだ。

当時、ヘンリー・スターン・エージェンシー(別名、パテック フィリップUSA)で働いていたリアドン氏は、「いつも通りと変わりませんでした」と言う。ノーチラスはパテックの歴史の中核をなすものではあったが、ブランドを定義するものではなかった。「私は、アメリカでの流通を担当する2人のうちの1人でした。小売店には1〜2本しか売れませんでしたが、それも簡単に売れる時計ではありませんでした」。リアドン氏は、この時計をRef.3700への忠実なオマージュであり、明らかにヴィンテージ風であると見ていたが、彼や他の人たちは、それ以外のことはあまり考えていなかった。

さらにクー氏は、「より重要なのは、Ref.5712です」と付け加えた。これは、時刻表示のみのRef.5711と同時に発表された、ムーンフェイズ、デイト表示、パワーリザーブを備えたノーチラスモデルのことを指す。このようなコレクターにとって、ノーチラスにコンプリケーションを搭載することは、よりエキサイティングなことだったのだ。

コメント一覧

ウィッグ どこで 買う URL 2022年11月17日(木)15時08分 編集・削除

髪型やフリカケでカバーできなくなってきたから、かつら(ウィッグ)を使うという方も少なくありません。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー