記事一覧

振り子時計はなぜこんなにも不気味なのか

"生と死のはざまで揺れる振り子、特別な時間を刻む特別な時計..."。

我が家の大きな振り子時計が、またしても何の理由もなく動かなくなった。そのとき私は、その時計の針が指している時間を覚えてしまわないよう、意識的に努力した。

「今、時計を巻いたでしょう?」私は夫に叫んだ。

 彼は「もちろんだ」と言ったが、その言い方で私たちが同じことを考えていることがわかった。ロレックス 価格地元の時計師であるエドワードに電話をしなければならなかったが、二人とも彼の落胆を直視することができないだろう。

この振り子時計は、リッジウェイの典型的な作品だ。盤面の上部には2つの銀色の地球の上に月が描かれ、そのまばたきをしない目は、穏やかで距離を保って観察するように描かれている。これは夫の祖父母が所有していたもので、夫の両親と叔父・叔母が結婚30周年のときにプレゼントされたものだ。この時計はメイン州の彼らと一緒に暮らしていた。それは二人が亡くなったあとも、残りの遺品と一緒に彼らの家に残っていた。約10年後、2020年3月、私たちは然るべき色々な理由から、彼らの家に住むことになった。

 到着すると、夫は時計のガラス箱の筒の中の高い位置に錘が来るように動かすことを学んだ。この鎖が引き上げられることで時計の巻き上げられる。週に一度は鎖引きが必要というのは、振り子時計が仕掛ける数多くのジョークの一つなのだ。いずれにしても、時計は夫の努力に満足せず、時を刻もうとしなかった。

 エドワードはムーブメントを取り外し、数週間後に再び取り付けた。私たちに、時計の文字盤には絶対に触らないように、そして毎週錘を回して、必要ならばアラームをセットするようにと指示した。どんなことがあっても、その時計を1センチたりとも動かしてはならない。でなければ再びその穏やかなバランスを崩し、時間を止めてしまうことになるからだ。彼は、私たちのような若い者にはこのような時計の王様を扱うことは無理だと言い、私たちはそれを挑戦のように受け止めた。主人の勤勉さは折り紙付きだ。彼は毎週時計を巻いていた。私たちは時計の周りをつま先で歩き、近づくと控えめに声を下げた(夫はこの点について私が誇張していると言うが、小声で話したことは覚えている)。それでも時計は止まった。

 振り子時計は繊細なわけではないが、基準が高く、設計された目的であるバランスと時間通りのクランキング以上のものを求められる。ジャンルとして、これらは非常に正確だ。ジャンルとして、一風変わった個性をもっている。私は、振り子時計の音にいつから耐えてきたのか覚えていないが、チャイムを「サイレント」に設定することを覚えた(夫はその音が癒しになると感じていたが、私にとっては駅に住んでいるようなものだった)。また、「サイレント」に設定していたにもかかわらず、時計が長い低音の不規則なチャイムを初めて鳴らしたのはいつだったか定かではない。私は時計に何かがとりついていると思ったが、夫は断固として反対している。

 目を細めてよく見ると、これらの時計の名前の由来は、その大きさではなく、不気味さからきていることがわかる。目を細めなくても、最初からこれらの時計は生き物として認識されていたことが自明だ。感覚があり、そして大抵の場合、何かがとりついているのだ。

【関連記事】:http://yakura.top/

コメント一覧

福岡県の高級ブランド情報 URL 2021年11月05日(金)12時19分 編集・削除

世界のファッションやコレクションをはじめ、ファッションモデルやビューティ、ジュエリーなど、 ファッショントレンド、コーディネートをご紹介。